クマアンチエイジング

アンチエイジング大敵のクマ

老けて見える原因はクマだった

鏡を見ると、だいぶ老けてしまったように見える自分にショックを受けることはありませんか?
特に、目の下のクマは老け顔を作る要因のひとつと言っていいかもしれません。

効果が高いアンチエイジング化粧品はこちら

目のクマには実は種類があります。
青クマ、黒クマ、茶クマの3種類で、これらはクマになる原因によって分けられます。

「青クマ」とは、目の下の薄い皮膚の下にある毛細血管が透けて青っぽく見えることをいいます。なぜ、青っぽく見えるかというと、血行が悪くなってしまうからです。
血行不良の原因は様々ですが、冷え、睡眠不足や疲れ、ストレスなどと言われています。最近多いのは、パソコンなどを使うときに、目が画面を凝視するため、血流が滞りやすくなってしまうというパターンです。

「黒クマ」とは、たるみによる凹みが黒く見えてしまうものです。
その原因としては、生まれつき目の下の脂肪が少なかったりするなど、皮膚のへこみが目立ち、影ができてしまうこと、そして加齢により眼窩脂肪を支える筋肉が弱くなり眼窩脂肪が支えられなくなり、たるみが生じることなどが挙げられます。

そして「茶クマ」は色素沈着によりできてしまったクマです。
紫外線のダメージや、目をこすり過ぎたりするなどの摩擦によるダメージなどにより起こる色素沈着が原因です。
それ以外には、「遅発性太田母斑様色素斑」と呼ばれるアザの場合もあります。
20歳前後から現れる色素斑で、これも茶グマの一種です。通常の色素沈着が、表皮レベルで起こっているものであるのに対し、「遅発性太田母斑様色素斑」の場合は、真皮レベルで起こっているものであるため、どちらなのかによって対応なども変わってきます。

このように、クマには様々な種類があるのです。

Copyright © アンチエイジング大敵のクマ. All rights reserved.